沖縄ホエールウォッチングおすすめ

ホエールウォッチングに関するおすすめの情報をお届け! - いろいろなプラン

更新情報

沖縄のダイビングショップ BLUEZONE
http://www.bluezone.jp/02whale.html
沖縄マリンスポーツ思い出づくり専門店ベリー
http://www.berry7.com/2007/09/post_10.html

アーカイブ

いろいろなプラン

ホエールウォッチングが目的で沖縄に訪れる人がいます。
沖縄ホエールウォッチングを企画している旅行会社は多数あります。
どんなプランなのか、いくつか紹介しましょう。

たくさんあるプランの中には「くじらに会えなかったら全額返金」を謳っているプランもあります。
こちらのプランは期間限定ですが、0歳から参加が可能なので乳幼児を連れて参加することができます。
また、船酔いが心配の方でも、こちらが使用する船は揺れに強い船なので船酔いの心配は無用です。
水中マイクを搭載しているので、もしかするとクジラの鳴き声を聞くことができるかもしれませんよ。weddings-and-ceremonies1

平日のみのプランは3歳から参加が可能です。
高速クルーザーを使用するので、揺れもあまりありません。
船酔いのためのエチケット袋を無料で配布、飲み物は無料で用意などもあります。
お子様には優先席を用意しています。

ちなみに日本でホエールウォッチングができるエリアは、結構ありますが、沖縄に限定すると本島の那覇沖や伊江島・慶良間諸島や渡嘉敷島周辺などです。
日本のホエールウォッチングで見られるクジラの種類は、大型のものだけでも6種類もあります。
よく知られているザトウクジラやミンククジラ、シャチもその仲間です。weddings-and-ceremonies2

クジラは地球上にいる最大の哺乳類です。
このクジラの生態は未だ謎が多いです。
クジラは「エコーロケーション」と呼ばれる超音波を使って情報を得ていると言われています。
このエコーロケーションでまるでレントゲンのように骨格の様子まで認識できるようです。
あのような大きな体ですが、小魚やプランクトンを主に食べています。

日本にはかつてクジラを食料としていた時期がありました。
その影響なのか鯨が出てくる単語や慣用句がたくさんあります。
例えば、葬儀で使われている「鯨幕」です。
黒と白を交互に縫い合わせた幕ですが、クジラの体になぞられて「鯨幕」と呼ばれるようになりました。

こんなクジラですが、今や観光の対象となりました。
それがホエールウォッチングです。
そして、このホエールウォッチングが一番盛んなのが沖縄です。
沖縄ホエールウォッチングでは様々なクジラ独特の様子を見ることができます。
1つの観光としてホエールウォッチングは今や定着しつつあります。

余談ですが、クジラの肉を食用としていた国は日本以外にもあります。
インドネシアやフィリピン、ノルウェー、アイスランドと比較的寒い北欧に多いようです。
日本では肉だけでなく、軟骨や内臓も様々に利用してきた経緯があります。

Copyright(C)2014沖縄ホエールウォッチングおすすめAll Rights Reserved.